口演発表のご案内

■対象プログラム

●招待講演 ●特別講演 ●教育講演 ●特別企画 ●基調講演 ●防災学術連携体 特別セッション ●特別シンポジウム ●JICAセッション ●日本整形外科学会合同シンポジウム ●日本熱傷学会合同シンポジウム ●シンポジウム ●パネルディスカッション ●ワークショップ ●特別セッション ●日本災害医学会倫理委員会企画 ●日本災害医学会災害看護委員会企画 ●日本災害医学会薬事委員会企画

●要望演題 1・2・3・4・6・9・10・11・12・13・14・15・18

●一般演題 口演 1・2・3・4・5・6・7・8・13・14・15・16・17・18・19・20・22・23

■PC受付について

【PC 受付場所】

第1会場・第2会場 米子市文化ホール 1F メインホールロビー

第3会場・第4会場・第5会場・第6会場・第7会場  米子コンベンションセンター 2F 多目的ホールホワイエ

【受付時間】

3 月18日(月)12:00~18:00

3 月19日(火)8:00~18:00

3 月20日(水)8:30~15:00

発表セッション開始の45 分前までに,PC 受付にてデータの試写をお願いいたします。また,ご講演の15 分前までに発表会場左前方の次演者席にお着きください。

■発表時間および進行について

1)シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ等:事前にご案内いたします。当日は座長の指示に従ってください。

2)要望演題,一般演題 口演の発表時間は,発表5 分・質疑2 分です。時間厳守にてお願いします。

3)PC 受付には会場内のシステムと同一のものを用意いたします。

4)ご自身のデータ内容確認のほか,遠隔操作の動作確認および映像の外部出力を行います。問題が発生した場合は係員にお声がけください。

■発表データ作成要領について

1)当日に会場に設置される機材

【パソコンのOS】Windows 10

【アプリケーションソフト】Microsoft Power Point 2010/2013/2016

 

2)Windows をご使用の場合はMicrosoft Power Point 2010/2013/2016で作成したデータをUSBフラッシュメモリにてご持参ください。

 

3)データのファイル名は「演題番号・演題名」としてください。

 

4)文字フォントは,OS に設定されている標準的なフォントを推奨いたします。

【日本語】MS ゴシック・MSP ゴシック・MS 明朝・MSP 明朝

【英語】 Arial・Arial Black・Arial Narrow・Century・Century Gothic・Courier・Courier New・Georgia・Times Ner Roman

 

5)解像度はXGA(1024 × 768),画面の比率は4:3 です。

 

6)動画を使用される場合は,PC 受付にて申告ください。また,Power Point に貼り付けている動画は【Windows】Media Player12 の初期状態に含まれているコーデックで再生できる動画ファイルにてお持ちください。(wmvまたはmp4 形式を推奨)

Power Point データとともに動画ファイルも必ずご持参ください。

※動画を使用の場合,バックアップ用としてご自身のノートパソコンを必ずご持参ください。プレゼンテーションにほかのデータ(静止画・動画・グラフなど)をリンクされている場合でも元のデータを保存していただき,必ず事前に他のパソコンでの動作確認をお願いいたします。

 

7)音声を利用される場合は,前もってPC 受付にて申告ください。

 

8)発表時は,発表者ご自身で演台に設置してあるモニターを見ながらキーパッドもしくはマウスで操作してください。発表者ツールは使用できません。また,持ち込みPC を演台に上げての発表もお控えください。

 

9)データは学会終了後,運営事務局が責任をもって消去いたします。

 

10)Mac をご使用の場合は,ご自身のノートパソコンをお持ち込みください(ミニD-sub15 ピン接続用の変換コネクターおよび電源アダプターも必ずご持参ください)

※PCをご持参される方

・Mac をご使用の場合は,ご自身のノートパソコンをお持ち込みください。

・バッテリー切れ防止のため,電源(AC)アダプターを必ずご持参ください。

・ 画面の解像度はXGA(1024 × 768)です。このサイズより大きいまたは小さい場合,画像が鮮明に出ないことがあります。

・ご自身のPC の外部モニターに出力する端子はミニD-sub15 ピンです。形状を必ず確認し,専用の変換アダプターが必要な場合は必ずご持参ください。

・万一のトラブルに備え,ご自身のPC に保存されている重要なデータはバックアップをお取りください。

・発表中にスクリーンセーバーに切り替わったり省電力機能で電源がきれたりしないよう,PC 本体はサスペンドモード(スリープ,省エネ設定)やスクリーンセーバーが作動しないよう設定をお願いいたします。

■COI 開示のお願い

発表にあたり,過去3 年間でいずれかの単年度に想定以上の金銭の授受があった場合,利益相反(COI)の開示をお願いします。

筆頭発表者は,タイトルスライドの後(2 枚目)に,今回の演題発表に関するCOI 状態を必ず開示してください。

不備のある場合,発表いただけない場合がありますのでご注意ください。

詳細は「日本医学会医学研究に関するCOI マネージメントに関するガイドライン(2015 年3 月改定)」を参照してください。

●発表時,申告すべきCOI 状態がない場合の文言例

「演題発表に関連し,開示すべきCOI 関係にある企業・団体はありません」

 

●発表時,申告すべきCOI 状態がある場合の文言例

「演題発表に関連し,開示すべきCOI 関係にある企業は次のとおりです」

例:受託研究・共同研究費/○○製薬

ダウンロード
開示スライドサンプル.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 51.9 KB